読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3K新聞レイプ被害者らの服装はレイプを期待している。台風避難者に布団は贅沢、新聞紙を敷いて寝ろ。(産経新聞)

産経新聞
(前略)
>午前一時過ぎに基地の近くを一人で出歩く女性は、性的商売をしていると思われても仕方がない。
(中略)
>ヨーロッパ在住の日本人が驚いているのは、日本の女子高が、どうしてあんなに短いスカート丈を許すのか、ということである。
>あれでは男たちに手を出してください、と言わんばかりですね、と彼らは言う。
(中略)
>太ももの線丸出しの服を着て性犯罪に遭ったと言うのは、女性の側にも責任がある、と言うべきだろう。
>なぜならその服装は、結果を期待しているからだ。(後略)
曽野綾子
2013年新安倍内閣・教育再生実行会議・委員、産経新聞コラム


台風 教育のチャンス 利用を   

> 学校その他に避難した人たちは、ラベルのついた新しい毛布を支給されていた。
>一晩のことに何でそんなに甘やかさねばならないか私はわからない。
>避難したら新聞紙を床に敷いて、何枚も重ね着をして眠って当たり前だ。

> それがいやなら、早めに毛布や蒲団(ふとん)を背負って避難するだけの個人の才覚の訓練が要る。
>お弁当なども行政は配る必要はない。
>天気予報を聞くことができるシステムがあるのだから、自分で歩けない老人や障害者は別として、
>避難する時、食料は自分で持って来るのが世界の当然だ。  
曽野綾子 安倍内閣教育再生実行委員- 産経新聞