読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本人慰安婦の訴え(慰安婦問題)

「兵隊用は一回五十銭から一円の切符で、行列をつくり、私たちは洗うひまもなく相手をさせられ、死ぬ苦しみ。なんど兵隊の首をしめようと思ったか。半狂乱でした。
死ねばジャンルの穴に捨てられ、親元に知らせるすべもない有様です。それをわたしは見たのです。この眼で、女の地獄を...。(中略)

かつての同僚の姿がマザマザと浮かぶのです。私は耐えきれません。どうか慰霊塔を建てて下さい。それが言えるのは私だけです。生きていても、そんな恥ずかしいこと誰も言わないでしょう。」


慰霊塔は今、房総半島の先端の館山に立つ。